Welcome interview! – Shi Hanさん

楽天アドロールの新しいメンバーへのインタビューです。入社後、数か月経った今と人物像について聞きました。今回は、2020年初夏にジョインされたソフトウェアエンジニア、Shi Hanさんのお話です。

1. 以前の仕事について教えていただけますか?

現在と同様にソフトエンジニアとして、日本の自動車配車事業のバックエンドサービスとインフラ構築を担当していました。

2. 5歳のとき、あなたはどのような子供でしたか?

シャイで、レゴに夢中な少年でした。

3.  15歳のときはどのようなティーンエイジャーでしたか?

オタクっぽい青年でした。ちょうどこの頃、ホームページ制作やプログラミングに興味を持ち始めました。

4. 大学時代には何を学びましたか?

機械工学を専攻し、粉体シミュレーションと計算流体力学の研究をしていました。

5. 楽天アドロールへの入社を決めた理由は何ですか?

これまで専門的に使う機会がなかった沢山のテクノロジーを活用する仕事をオファーされたことで、自身のコンフォートゾーンから飛び出し、成長する機会になると思ったからです。

6. 入社前と後で、ギャップはありますか?

テクノロジー志向よりビジネス志向が強いと感じたことがあります。楽天アドロールはNextRollと楽天のアセットを活用しているので、ゼロから新しい商品を創り上げるわけではありません。付加価値をつける工夫をしているので、ビジネスを学ぶ経験ができているように思います。

7. 楽天アドロールの強みは何だと思いますか?また、面白いところはどこですか?

楽天アドロール、楽天、NextRoll、3社を繋げるダイナミックな仕事は、これまで経験したことがなく、大変ユニークで面白いと思っています。

8. 現在直面している課題、またどのように克服するかを教えてください。

新型コロナウイルス感染拡大に伴うリモートワーク環境下でのオンボーディングは、少し難しく感じることもありました。しかし、バックオフィスのメンバーがいつも温かくサポートしてくれるのでとても心強いです。

9. 現在の目標と挑戦したいことは何ですか?

最近は、インターネットからではなく本から知識を得るようにしています。PCの前で自分の思いのままに情報を得ていると、多くの無駄な時間が過ぎ、また本の価値を忘れてしまうように思います。今読んでいるのは、「The Pragmatic Programmer」という本です。

10. あなたの趣味や好きなことについて教えてください。

自由な時間にソフトウェアを自作して、新しいテクノロジーを探索しています。また、使っているプロジェクトのバグ修正用のパッチを送って、OSS(オープンソースソフトウェア)に貢献することもあります。

Rakuten AdRoll is a joint venture between a US west coast headquartered ad tech company, NextRoll Inc. and a Japanese Ecommerce platform company, Rakuten Inc. We are always looking for talented people. If you’ve got the desire to grow and challenge in a fun and rewarding environment, check out our current openings!
楽天アドロールは、アメリカ西海岸に本社を置くアドテク企業のNextRoll Inc.と日本に本社を置く楽天株式会社との間で結ばれたジョイントベンチャー企業です。 楽天アドロールでは、新たなメンバーを募集しています。挑戦と成長意欲のある方からのご応募をお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top