RAKKのNew Normal Work Style

楽天アドロール(RAKK)はCOVID19感染拡大の状況下でも、皆が効率的に、そして楽しく仕事ができるよう、前向きかつ柔軟に対応をしています。

新型コロナウィルス感染症拡大初期、まずは何より社員の安全を考慮し、2020年2月に完全在宅勤務を開始しました。毎日平穏に過ごしていたオフィスから、いきなり自宅での勤務となり、休憩時間の同僚との楽しいひとときや、熱心に顔と顔を向き合わせたディスカッションの時間が突然なくなりました。この状況は楽天アドロールだけではなく、世界共通の一大出来事です。

幸い、楽天アドロールは多様なコミュニケーションやセキュリティのツールを採用している為、インフラに関しては問題がない一方、どうすれば社員が心地よく、孤立した自宅から働けるかを注視しました。そこで、いち早くリーダーチームとWPE(WorkPlace & Experience)チームは、 “フレックスタイム制” と “リモートワーク制” を導入しました。 “フレックスタイム制”では、例えば朝の方が効率良く仕事が出来るメンバーは、7時にPCを開き仕事を開始、夕方4時には終業し、リラックスした夜を過ごせるでしょう。 “リモートワーク制”では、長く過ごす自宅を離れ、環境を変えて仕事することにより新たな閃きが生まれる事でしょう。(もちろん、どちらも基本ルールに従う事が必要です)

楽天アドロールにはプロフェッショナルなメンバーが揃っています。メンバーの安全とパフォーマンスへのコミットメントを前提として、柔軟な仕事環境を与える事により、メンバーの心身の幸福が叶い、そして柔軟な考えを持てると信じています。

チームで達成する、Samuelの挑戦と成長

 

今回は “フレックスタイム制” “リモートワーク制” 両方を同時に利用し、自身の成長と仕事のスキルにも生かせる素晴らしい経験をした、Samuelを紹介します。
Samuelが日本文化、壮大な景色、利便性に魅了され、故郷インドネシア・ジャカルタを離れ来日したのが2015年。なかなか実際に会えなくとも、結束の固い家族とは週に一度はFaceTimeで近況報告をし合い、離れ離れで暮らしている寂しさは感じていませんでした。そのような最中、今年2月に最愛の妹さんがジャカルタで結婚式をあげることになったのです。
前年から続くパンデミックの影響により、帰国は益々困難。でも、いつでも前向きなSamuelは結婚式の話を聞いた直後から、入念かつ緻密な数週間にわたる帰国案を練り始めました。そして上司に、3週間のインドネシアからの勤務を申請。上司は承認しましたが、3週間全て仕事に回すのではなく、せっかく久しぶりに家族の元に帰るので、家族との時間も大切にする様、休暇含めての3週間にするのはどうでしょうとアドバイス。“フレックスタイム制” “リモートワーク制”などの会社制度やインフラ、彼のタスク、スケジュール、リスクをあらゆる角度から検討し、度重なる会話の上、双方にとってWin-Winとなる結論にたどりつきました。(海外からの勤務は原則認められない、特別な事情を考慮して最大2週間まで認める。その前後に有給休暇を設定した場合でも最大1か月程度の許可)

実際、2021年2月頃は新型コロナウィルス感染症の第二波が始まり、予定していたフライトも数回変更、日々変わりゆく国や航空会社のCOVID-19規則の更新状況を追いながら、プラン練り直しの日々。途中で今回のプランがすべてなくなってしまうのではないかという焦燥感に苛まれるときもありました。しかし、最終的には予定通りに妹さんの結婚式に参列、家族との大切な時間も過ごし、無事に帰国する事ができました。

さらに、Samuelが今回、“フレックスタイム制”と “リモートワーク制” および有給休暇のコンビネーションで3週間あまり自国から仕事とプライベートを両立できた結果、以下のような自己成長があったと彼は振り返ります。

緻密な計画と柔軟な思考は人生を楽しくしてくれる。

困難な状況下、突然の変化、失敗への恐れはあっても一度決めたことは継続する。それらが最終的には完全なるゴールに繋がる。

ゴール目標を設定し、それに向かう努力には価値がある。

Samuelが遠隔地・ジャカルタから勤務したこの期間、東京で通常どおり働いていた彼のチームメイトのコメント

働く事に関してはどこにいても一切問題はない。必要なのは事前の計画、そして何よりチームメイトの理解、連携。それが成功につながった。

彼が海外にいるとは全く感じなかった。zoomミーティングで、背景にSamuelの実家が見えた時には私までお邪魔している様なステキな気分になった。

久しぶりに家族と過ごせたせいか、画面越しの彼は、表情がとても柔らかく明るい感じがした。

Samuel Darmento, Platform Business Partner Manager at RAKK

楽天アドロールは、今後もNew normalを継続するにあたり、日々社員の声に耳を傾け、寄り添い、働き甲斐のある環境作りをタイムリーに考えていきます。プライベートと仕事の両方を尊重し、バランスよく過ごし、自己成長を促進させる、それが楽天アドロール流の働き方です。

Rakuten AdRoll is a joint venture between a US west coast headquartered ad tech company, NextRoll Inc. and a Japanese Ecommerce platform company, Rakuten Inc. We are always looking for talented people. If you’ve got the desire to grow and challenge in a fun and rewarding environment, check out our current openings!
楽天アドロールは、アメリカ西海岸に本社を置くアドテク企業のNextRoll Inc.と日本に本社を置く楽天株式会社との間で結ばれたジョイントベンチャー企業です。 楽天アドロールでは、新たなメンバーを募集しています。挑戦と成長意欲のある方からのご応募をお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top