Message
代表メッセージ

楽天アドロール株式会社
代表取締役社長 CEO

香村竜一郎Luciano Kohmura

すべてのStakeholderを
幸せにするために

楽天アドロールは、アメリカ西海岸に本社を置くアドテク企業のNextRoll Inc.と日本に本社を置く楽天株式会社との間で結ばれたジョイントベンチャー企業です。私は両社の強みを活かしさらにビジネスを成長させるためにも、企業文化の醸成を大切に考えています。

我々のビジネスの根幹は、楽天で収集したビッグデータをテクノロジーを使い様々な企業が自社のビジネスを拡大するために活用できようなソリューションを開発することです。従って、当然テクノロジーがビジネスの中心となっていますが、テクノロジーは非常に速いテンポで進化し続けます。また、様々なテクノロジーが日々生まれております。さらに、昨今ではオープンソースがスタンダードになってきています。こういったテクノロジーや業界の特性を考え、楽天アドロールでは次のようなことをコアバリューとして掲げ、社員はこれらを意識しながら仕事をしています

  • Be Smart;プロフェッショナルの自覚と誇りを持ちながら、最高水準のアウトプットを出し自己成長をし続けられるよう、常にスマートな判断を心がけましょう。
  • Be Innovative;革新は、広い視野をもち挑戦を続けるという意思のもと、個性と創造力を活かしたスケーラブルなアイディアから産まれます。イノベーションでビジネスの成長を牽引しましょう。
  • Be a Driver;常に考えすぎる前に素早く行動することで、ビジネスの推進力を維持できます。何事も自分が主体的に動くことから始めましょう。
  • Be Collaborative;私達は多様性を尊重しているので、お互いを尊重し合う強いチームワークが成功へ繋がると信じています。プロフェッショナルメンバーの一員としてチームへの貢献と努力を惜しまない姿勢でいましょう。
  • Enjoy your Journey;仕事は、人生という旅のひとつのピース。仕事を楽しむことで人生も楽しめると考えています。心から仕事を楽しみ、共に良い旅を送りましょう。

このようなポイントを意識しながら、さらに考えることはすべてのStakeholderの幸せを実現することです。楽天アドロールにとってのStakeholderとは、もちろんビジネスを一緒に作り上げている両親会社の様々な部署の人間と、ビジネスを回すためにサポートをしていただいている取引企業の方々、そしてStakeholderと同等に重要な存在の楽天アドロールの社員です。楽天アドロールのStakeholderは多様性に富んでいるので、すべての人の幸せを実現しようと思うとかなりの試行錯誤と工夫が求められます。そのためにコアバリューに加えて、次のようなことを大切にしています。

  • お互いを尊重すること
  • お互いの考え方、事情などを理解すること
  • 常に思いやりを持つこと

私たちはこのようなことを心に留めながら業務に取り組むことで、テクノロジーですべてのStakeholderを幸せに出来るよう全力を尽くしています。そして、すべてのStakeholderの幸せが、持続的な成長と豊かな社会の創造を実現すると信じています。

代表取締役社長 CEO